【イコライザ】Egaliseursの調整に必要な基礎知識

MEMO
この記事はMIDASのM32コンソールを使って、LIVE演奏をミックスする際に必要な基本的な知識を、まとめたものです。フランス語での表記が時折、語彙に混じっています。
こんにちは、JINです。 

JIN

RoomReverbの方がいいかなぁ…
SNSの投稿
とにかく沢山入れた方がいい気がする。

「エフェクトって使い方がイマイチわかりにくい」

今回は、Egaliseurs(イコライザ)について纏める。

Egaliseurs(イコライザ)


Egaliseurs(イコライザー)は、音の音色を調整する為のもの。パラメータをを細かく設定することで、音のクオリティを変化させられる。つまり、

MEMO

Gestion du timbre 音色の調整につかう

ためのツールってこと。

Egaliseurs(イコライザー)の調整のポイントは、

  • Filtrer フィルタ
  • Amplifier  アンプ
  • Atténuer une ou plusieurs bands de fréquences
    一つまたは複数の周波数を圧縮する
調整する設定は大きく3つ、

Egaliseurs(イコライザー)の設定

  1. Fréquence 周波数
  2. Gain dB 音量を加減する
  3. Quotient  周波数の幅 Cloche型とPic型
注意
パラメータの一つ一つの役割を理解すること。

Types d’EQ Egaliseurs(イコライザー)の種類

EQには、

  1. Simple
    Gainだけを調整できる
  2. Semi-paramétriques
    GainとFréquenceを調整できる
  3. Paramétrique
    GainとFréquenceとQuotientを調整できる
  4. Paragraphique
    複数のParamétrique(HPF/LPF/LF etc)を合わせたもの
  5. Graphique
    複数のSimpleを合わせ、オクターブごとに加減できる

の5種類があり、楽器や音源の特徴に合わせて選ぶこと。

LIVE中のMIX

Low cutの操作例

M32でLIVE中にイコライザーを操作してLCするには、

  1. EQUALISER→VIEWを開く
  2. EQボタンをオンにする
  3. MODEボタンでフィルタの型を選ぶ
  4. CONFIG/PREAMPのトグルで周波数を設定
  5. カットしたい部分まで移動する

特定の周波数のボリューム

歌手の声や楽器の音で特定の周波数のボリュームを加減するには、

  1. EQUALISER→VIEWを開く
  2. EQボタンをオンにする
  3. MODEボタンでベルかピック型を選択する
  4. FREQUENCYトグルで任意の周波数まで移動
  5. GAINトグルでボリュームdBを加減
  6. WIDTHトグルでMODEの型を開いたり、閉じたりする事で調整する周波数の幅を選ぶことができる。

という手順で、調整ができる。この場合、GAINを少し上げて(下げてもいい)FREAUENCYトグルを回した方が変化が聞き取りやすい。

低周波から高周波まで素早く

操作画面では、左から1から6まで周波を区切ってあり、EQUALISERの右側にあるいくつかのボタンで素早く移動できる。

  • HIGH →6
  • HIGH + HI MID→5
  • HI MID→4
  • LO MID→3
  • LO MID + LOW→2
  • LOW→1

いろいろな楽器が同時になったりすると、周波数が被って互いの音が聞き取れなくなってしまうので、LIVEの場面に応じて適時調整すること。

編集後記

実際に調整すると、まずバス・ドラムや低い周波数のピストから、GATEをかけて、スネアやボーカルなどに適時EQを使って音量を調節していくと、全体の調和をとりつつミックスできる印象がある。