【オリジナル】35/1200字規模の教育と価値提供の記事

*記事のテーマを一本道にする。

【売り込みトーク】 ニュース こんな方法があるよ!教育。ノウハウに関連するニュースを、数字、科学的な根拠を集める。 原因/武器 3つ。敵がだれか?だから、武器はなにか? 自分に何が足りてないか?を自覚させる。 「やっぱりそれか!」と思わせる。 現実 不安を先に全部話す。お客を1つにまとめる。 ⇨不安、恐怖、痛み、苦しみ、悪夢、妄想、欲望、夢、理想の世界をたくさん書き出す。 ストーリー アフェの場合は私にも出来ると思わせる。 失敗の連続で話した「原因」をつかう。 見込み客がこれから体験していくこと。 他人に教えて成功したか? なぜ公開するのか?実績、経歴、体験談。 プレゼント どんな内容? どういう形式? プレゼントする理由。 ⇨動画にする。 商品の8割はプレゼント、一番大事なものは無料。大事な部分は解決できる、細かい部分は「商品」が必要。 論暴 「理念」で買って欲しい人を「限定」する。自分のためのプログラムだと思わせる。 オファー どんな悩みを解決し、役立つものか?形式は?どんな気持ちになる?リスクの排除。保証。 告白 セールス 原因からオファーまで繋げる。 価格はいくら?保証は?特典は? ベネフィットは?思いつく限り。

1記事1200字でOK *外国語にはQuicktagsの補足説明をつける。 *句読点「()」、。のつけかたに誤りはないか? *作品名は『』をつかう。 *情報ソース、プチコラムテーマには【】をつかう。 *クレジットは()をつかう。 *対談質問はーを頭に入れる。 *略歴の書き方はハンドブックを参照する。 *本文の頭と改行は一字さげる。 *キーワードは検索してみること。 ①なぜパート

MEMO
ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。ここが前説。
(〇〇さん)こんにちは、JINです。 最近は…なんて感じています。

JIN

ここで理念・独白・ベネフィットを語る
SNSの投稿
ここに文章
「読者の気持ち、共感の会話をここで語る」 だから、今回は〇〇についてお話します。

新しいニュース!?

どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?どんなニュースか?

JIN

気持ちを語る
MEMO
外国語や注釈はここに書く。
(ですが、これを理解し実践すれば〇〇になれます。) (ベネフィット) (逆に、これを知らずに実践することができなければ××します。) (悪夢) つまり、〇〇ってことなんです。 参考 関係のあるアフェリエイトヨメレバなど ②なに、どうやってパート

つまり、なにか?

(これは、「〇〇」ということです。簡単にいうと、××ということ。) (では、どうすればいいかというと…) 実際に使ってみる。実際に使ってみる。実際に使ってみる。実際に使ってみる。実際に使ってみる。実際に使ってみる。実際に使ってみる。実際に使ってみる。実際に使ってみる。実際に使ってみる。 例になる道のりを解説。

  1. 手順1
  2. 手順2
  3. 手順3
(実際にJINもはじめは〇〇でした) ポイントは、
  • ポイントはなに?
  • ポイントはなに?
  • ポイントはなに?
というふうにして、実践してきます。
注意
分かりにくいことは、ここで説明する。
使い終わって今どうしてる?使い終わって今どうしてる?使い終わって今どうしてる?使い終わって今どうしてる?使い終わって今どうしてる?使い終わって今どうしてる?使い終わって今どうしてる?使い終わって今どうしてる? ③今すぐパート

最後に

これが言いたかった。これが言いたかった。これが言いたかった。これが言いたかった。これが言いたかった。 こんな〇〇を抱えてる・思ってる方。

  • 読者の気持ち
  • 読者の気持ち
そんな方は、〇〇して欲しいと思います。 ワークを出します。 (誰でも出来るかんたんなこと) 参考 関係のあるアフェリエイトヨメレバなど

編集後記

追記のニュース。追記のニュース。追記のニュース。追記のニュース。追記のニュース。追記のニュース。追記のニュース。追記のニュース。追記のニュース。追記のニュース。 もし、わかりづらくて実践できない、という時には問い合わせ、、相談にのります。ご連絡ください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。