ロコムーブのサマーライトセミナーを開催しました!一人で出来るオーディション対策と基礎レッスンの大切さ。

2018年の8月、JINのSROコミュニティ会員限定でプロダンサー養成ウェビナーを開催しました!今回はこのウェビナーに残念ながら参加できなかった方から問い合わせを頂いたので、特別にその内容を一般公開しようと思います。

1人の時間をしっかりと有効活用して、ステージでライバルより一歩でも前に立てたら嬉しいですよね?自分がやりたい踊りのスタイルや、身体のラインを1日も早く手に入れてオーディション合格を勝ち取るために、いま始めましょう。

サマーライトセミナー

今回は、日頃からメルマガの読者様から寄せされているメッセージの中で、とくに要望が強かったものだけをピックアップしてお届けします。

  1. 夏休みでライバルより身体を絞りたい。
  2. この休み中に苦手な体幹を鍛えたい。
  3. オーディション対策を始めたいけど…
  4. 1人でも続くセルフトレーニングが欲しい!

というお悩みに答える内容になってます。

どんな内容なの?

実際にプロのダンサーの現場で使われている、踊るカラダを育てることに特化したセルフトレーニングをピックアップします。

今回は特に「体幹」を鍛えるというテーマを意識して、集中的に選び抜きました。

その理由は、間違った方法で無理な筋肉トレーニングやストレッチを続けてしまうと、怪我の元になりますし、必ずトレーニングの「目的意識」を持つ・育てるってことが必要になるからです。

トレーニングの目的意識を育てるためには、難しいステップを覚える必要は一切ありません。シンプルに使えるダンサーの筋肉を増やす・鍛えるというメソッドを自分の中で、構築していく必要があります。

シンプルに使える意識を養う

シンプルに使うとは、舞台を見に来てくれたお客様が感動する表現や、技のクオリティを上げるために、必要最低限の「魅せる」カラダになるってことです。

シンプルに効果をえるには?

このサマーライトセミナーに使う時間をなるべく有効活用して、短時間であなた自身のものにするために、これからお話しする3ステップを必ず実践してください。

私自身、学生の時は時間があるけどお金がないとか、バイトをしてる間はレッスンにいけなくて1人遅れていくんじゃないか?という不安と戦っていました。

そんな毎日を繰り返したおかげで、プロになった今も毎日自分の中で目的意識を持つことが割と得意になりました。無駄な時間だと思う、電車を待つ数分の間ですら成長できたら、素敵だと思いませんか?

  1. 動画を見ながらイメージをつくる。
  2. 実際に真似して、何が違うのか考える。
  3. スタジオレッスンのアップで使う。

まず、私の動画を見ながら、頭の中で床に青いマットを引いて、どんな風に身体を動かしているか?をイメージして見てください。イメージトレーニングは、振り付けを覚えるって時にも必ず必要になります。

そして、実際に真似をしてみて、あなたと私のどこが違うのか?骨盤の位置や角度といった、細かい部分に意識を向けて考えてみましょう。これが、目的意識に繋がってくるんです。

最後に、継続する力を養うためにスタジオのレッスンを始める前の5分前でも良いので、アップをする時に思い出して使ってみましょう。最初はあまり効果を実感できないかもしれませんが、これが積み重なると非常に強い振り付けの応用になります。

オーディションに合格し、あなた1人だけがプロになるという瞬間を手にするのは、決して夢で終わらせちゃいけないんです。最初の一歩を踏み出せるのは、いつでもどこでも、あなた自身です。

さぁ、はじめよう。

ここでお話しすることは、全て私が実際にプロの現場で出会ってきた技術と、経験、精神から少しずつピックアップした本物のノウハウです。

1人でも続けられるトレーニングがあるっていうのは、プロの世界で生き残り続けるために必ず必要になるメンタル的な技術の一つです。

では、各レッスンの中でお待ちしています。

JIN