0→1をつくるプロダンサーJIN

【リヨン】隠れ観光スポット&おしゃれカフェ・バーまとめ【2016年版】

lyon リヨンの観光って、ちょっと視点を変えると面白い場所が実は沢山あります! 大手の観光オススメブログでは取り扱わないような、ちょっとコアな場所も。 王道から隠れた名所まで、リヨンの観光にプラスαの見どころを求める方、必見です。 絶対行ったほうがいい。

注意! フランスは日曜日になるとほぼ全てのお店がストップします。営業時間に注意。

王道といえばコレ

フルビエールの丘とノートルダム大聖堂(世界遺産)

notre-dame-lyon

 マイナーポイント→坂の途中の噴水

lyon-funsui ノートルダム大聖堂には、列車を使っていく方法と歩いて丘を登っていく方法があります。 僕のオススメは、歩いて丘を登っていくコース。 その途中に、美しい並木道に囲まれた休憩場所とちょっとした癒しポイントがあります。 僕は、この噴水がとても好きです。夏に訪れる際には、是非立ち寄ってみて下さい!

地元民の誇り「リヨンのエッフェル塔」

img_5371 ノートルダム大聖堂の横にある、テレビの電波塔らしいのですが夜になると綺麗にライトアップされて、とても美しい姿になります。ライトアップは夜20時頃から。

ベルクール広場

bellcour リヨンで観光をしていると、必ずたどり着くのがベルクール広場。 市民の憩いの場としてもポピュラーな場所で、事あるごとに市民と政府のデモ活動のバトルフフィールドと化します。僕も一度、催涙ガスとビール瓶を避けながら通った事があります。 bellcour2

 マイナーポイント→星の王子様

サン=テグジュペリってご存知ですか?フランス語を勉強した事がある方なら、誰しもが読んだ事のあるであろう「星の王子様」の生みの親。実は、今もリヨンにいるんです。写真左が星の王子様、右がサン=テグジュペリ。 saint-exupery 場所はベルクール広場の奥、ソーヌ川とペラーシュ駅に対して角の位置(郵便局が無い方)にひっそりと佇んでいます。なぜこの向きなのかは分かりませんが、1日中逆光になる向きなので、どの観光本を見ても顔が暗い。笑

バー・カフェのオススメ

パズルカフェ(Puzzle Cafe)

2015年頃に開店したばかりのお洒落なカフェ。内装がお洒落で、居心地が良いです。 無料のWifi有り。

モクサカフェ(Mokxa cafe)

リヨン市役所前(Place des Terreaux)のから歩いて5分ほどの距離にあります。 日当たりが良く、暖かな晴れの日はテラス席がいつも満席。 手作り感のあるケーキや、暖かみのあるコーヒーメニューに癒されます。

オテルドビル近くの高台もオススメ

コーヒーを飲んだ後は、ちょっと散歩も良いですね! 近くにある高台を登れば、リヨンを一望できる隠れた展望スポットに辿り着けます。 Jardin de la Grande Côte Jardin de la Grande Côte

ビールの美味しいバー (Bar à Bières 405)

安くて美味しいビールが大好きなリヨネーゼ達を唸らせるビールバー。 生ビールの種類が豊富で安い!付け合せにはフレンチフライをどうぞ。

ちょっと一息ならココ

ソーヌ川沿い

ソーヌ川沿いは、リヨンを訪れるなら必見のスポットの一つです。 saone 春と秋にリヨンへ行くなら、ビールとおつまみ片手に是非。 [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”jin001.jpg” name=”ジン”]最高に気持ちが良いですよ!! [/speech_bubble] 注意!季節によっては、たまに水浸しで歩けない日があります。

日曜の朝マルシェ

ソーヌ川沿いで行われる朝市場。新鮮で色とりどりな食材を扱う店が並びます。 marche オリーブやハムなどをちょいちょい摘み食いながら買い物が出来るのも魅力! 営業時間 日曜日 朝9時頃〜昼12時頃まで。

ナイトライフ

リヨンのナイトライフは、落ち着いた雰囲気の場所と、若者が集まるエネルギッシュなポイントがあります。お好みの方をどうぞ。

La M.M.

割と落ち着いた広さ、人の数を選ぶならこっち。

Ayers Rock

若者のナンパスポットでワイワイやりたいならこっち。机の上でも踊り放題!

おまけ

中世の古都ペルージュ(Pérouges)

ちょっとリヨンの中心を離れてゆっくりしたい方にオススメの観光スポット。 中世の街並みをそのまま保存した、歴史を感じる田舎の町。 perouges ローヌ川沿いのベルクール広場に近いバス停から、たったの2ユーロで行けます! とてもコンパクトな街なので、ちょっと寄るだけでも楽しいですよ。 名物は、ペルージュガレットというクレープ生地に似たピザ。 リヨンから、およそ2時間半ほどで到着します。バス一本で行けるので楽チン。 詳しい行き方は、ペルージュ公式サイトからどうぞ。

芸術を感じるなら

芸術の国フランス、そしてリヨンの街にはアートに触れる機会があります。 興味のある方、時間のある方は是非見てみましょう!他にはない新しい体験かも!?

LES SUBSISTANCES (サブシスタンス)

projet1 参考元サイト http://www.les-subs.com/ サブシスタンスとは、各国のアーティストが集って作品を創造し発表する場のこと。 リヨンには大きなサブシスタンスの施設があるので、時期によっては作品を沢山上演しています。興味のある方は、ダンスのワークショップなんかにも参加してみては?? 公演のチケットは、オンラインで予約できます。

Biennale de danse Lyon(ビエンナーレダンスリヨン)

リヨンでは、非常に大きなダンスの祭典が行われます。 開催時期になると、街には大々的に広告が張り出され、街でもパンフレットを配るなど活気が見られます。年によって開催規模に多少の違いがありますが、大きな劇場には世界中から名だたるダンス作品が名を連ねます。 公演内容も実に豊富なので、これを機会に新しい出会いに触れてみては? biennalededansedelyon 参考元サイト http://www.biennaledeladanse.com/

まとめ

芸術と食文化の街リヨンには、非常に魅力あふれる観光スポット、隠れ名所が沢山。 メジャーな観光スポットに飽きたら、まだ出会った事のない芸術に触れるのも楽しいですよ! リヨンは比較的歩いて回れる場所が多いので、気軽に色々見て回れるのも魅力です。