0→1をつくるプロダンサーJIN

【騙されるな!】価値って何か?決めるのは自分だ!

hituyou

価値ってなんだろう?高い値段の物?時間を掛けたコト?? 人によりけり、立場によりけり、コロコロ変わる価値について考えました。

価値とは?

現代社会では、インターネットで情報を調べれば大抵の事がわかる。超便利ですね。 明日の天気も、株価の情報も、何だって一瞬で見つけ出す事が可能です。 そんな広大なネット空間の中をいくら探しても見つからないものがあります。 その一つが、あなた自身の「価値」です。

価値の見つけ方

価値・価値・価値・・・これって一体なんの事なんでしょうね? 人の価値・お金の価値・時間の価値・・・様々な「価値」が世の中にはあります。 そもそも、「価値」の定義は
【価値】 何かをするのにそれがどれだけ役に立つかという程度。〔狭義では、値打ちを指す〕〔経済で〕財貨が人びとの欲望を充たす上に持つ重要度。〔直接的効用としての「使用価値」と、生産・流通に関連し他財や貨幣に対する交換比率で計られる「交換価値」とに分けられる〕

出典 新明解国語辞典 三省堂より という事が一般的な定義らしいです。ちょっと、難しい感じがしますね。 これらを僕なりに纏めると、どれだけ人の役に立つか?が非常に大きなポイントです。 どれだけ役に立つか?は「時」と「場合」によって大きく変化するもの。「時」と「場合」が自分にとって、どれだけ重要か?に早い段階で気づければ、その「価値」をより深く、掘り下げられるわけですね!

価値は掘り下げるもの。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”先生”] 価値は掘り下げるもので、決して「落として」はいけません。 [/speech_bubble] 
これは、僕の高校の恩師の受け売りですが、今でも常に心に置いています。 「価値」を掘り下げるとは、「価値」があると思ってもらいたい「対象」の「価値観」の中に自分をより深く置いてもらうこと。 いわば、大海で流されてしまわないための錨の様のようなものです。 相手の価値観に深く潜れば潜るほど、流されない強い根っこ=価値になるわけですね。

価値の掘り下げ方

「価値」をより深く掘り下げるための条件は、
  • いつ
  • どこで
  • だれに対して
役に立ちたいのか?を先にイメージしておく事が大切になります。 僕はある時期、自分なんかに「価値」なんてあるのか??どんな「価値」があるんだ???そう思って、ジタバタと色々な事に首を突っ込んでみた経験があります。 そういう時は、大抵自分の「価値」と他者の「価値」を比べてしまい、正しい「価値観」を見失っている事が多いです。

価値=どう捉えるか?

どう捉えるか?は「鏡」をイメージしていただければ、分かりやすいと思います。 つまり自分が、いつ・どこで・だれに対してこの「鏡」を向けるかで、映り込む景色が変わるってこと。 この「鏡」を向ける対象に誰かの価値観(誰かの精神、誰かの「鏡」)を選んでしまうと、合せ鏡のように出口の見えない迷宮に入ってしまいます。 この迷宮に迷い込むと、僕の場合は「価値」を落とす方向へ進みがちです。

「価値」を落とすとは?

他人の持っている「価値観(心の中の鏡)」を気にするあまり、劣等感や僻みのある感情に捉われると、自分の価値ってどんどん落ちていく。まるで底なし沼。 そういうネガティブな感情に捉われた結果、「卑屈」な言葉を口にする様になるからです。 これが、最も自分自身の価値観を濁らせる原因だと思います。 なぜなら、その「卑屈」な言葉を真っ先に耳にするのは、自分の「耳」だからです。 誰かに対して放ったつもりが、実は自分を真っ先に傷つけているという事に気付いた方が良い。


「価値」はどこにある?

自分の「価値」は一体どこにあるのでしょう? 「それがそもそも見つからなくて困っている。。」という方も少なくないのでは?? 残念ながら、この問いに答えを出すのは「自分」しか出来ません。 なぜなら、心の「鏡」は自分にしか向ける方向を決められないからです。
なので、「価値」は自分の中にしか存在しません。

「価値」に惑わされない。

「価値」は「他者」と比べると、合せ鏡の様に先の見えない迷宮へと入り混んでしまう、非常に不安定で厄介な代物だと思います。 しっかりと、自分が選んだ場所に錨を降ろし、深く深く掘り下げる事で、より「価値」は安定した、多くの出会いのきっかけになります。   そして、心の「鏡」を持っているのは自分一人だけではない事を忘れてはいけません。 あなたは、常に誰かに「観られて」いるのですから。

「価値」を見出すヒント

価値を見出すには、どうすればいいのか?これって実は、身体が答えを知ってます。 ちょっとした日課の継続で「身体」の「意識」を研ぎ澄ませておくと、少しずつ日常の中に【気付き】が出てきます。そして、その気付きは必ずあなたに今とは異なる視野を持つヒントを与えてくれます。 「価値」を見出すには、「身体(からだ)」と向き合うのが実はとても有効なのです。 これについては、また別の記事で詳しく説明しますね。

まとめ

  • 価値は自分の中にしかない。
  • 価値は掘り下げるもの。
  • 価値を見出すには、気付きが必要。
他人の価値観に惑わされず、自分オリジナルの考え方、生き方を貫くって最高に格好いいと思います!