シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄板の腰を抜いてリフレッシュ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2018年も2週間がすぎました。今年は、より一層リヨンの街に根付いたダンサー・アーティストの人脈を広げていきます。

スポンサーリンク

”鉄板の腰”が抜ける

今日は10時30分からのスタジオレッスンを受けて、腰と膝のコネクションを意識した振り付けを90分の時間の中で模索しました。

今までは腰が硬くて、朝の前屈は地獄でしたが…

腰と膝のコネクションを意識するだけで、無駄な力が抜けました。

  1. 肩幅で立って、頭を床へ下ろす。
  2. 長座の姿勢で呼吸をしっかりと吐く。
  3. そのまま、床へ骨盤を近づけていく。

これだけでも、実は腰と膝のコネクションを見直すことができる。

やっぱり、繊細な体って美しいなぁ…と190cm近いガタイの、イタリアっぽい顔立ちの先生をみて思った朝でした。

おまけ

荒れた床で踊っても怪我をしない”体重移動”と”床の振り付け”を、森の公園で1人クリエイトした時のムービー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク