シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスから日本の銀行口座へ送金する方法を調べ、実際に送って分かった安全さと「送金手数料」の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、ジンです。

フランスで仕事をすると、日本に資金を移動することがあります。

フランスの郵便局の口座から日本の銀行口座へ、
一時帰国分の資金を移動したい時も出てきますね。

そんな時、

安全かつ確実に手続きができる

って実はけっこう手間も掛かるし面倒です。

なので今回は、

「海外送金」

について共有しようと思います。

日本の銀行口座へ確実に不安なく
思った通りの金額を振り込みたい。

決まった期日までに届く保証が欲しい。

詐欺や不正取引などと間違われて、
稼いだお金を横取りされたくない。

だけど、

初めてのことだから不安だし、
失敗したらどうしよう・・・

もしも途中で何十万円もの大事なお金が、
泡のように消えて帰って来なかったら??

不具合があっても、誰にも相談できずに、
謎の手数料がかさんで受け取れなかったら?

僕はそう思ってネットの情報を何日も、
何時間も、何回も同じサイトを見ました。

「誰か同じ苦労を味わって、
実際に体験を話してくれる人がいたら
自分も安心してお金を送ることが出来るのに」

そして最終的に、

全額を無事に送金できました。

もちろん銀行の証明書も日本から
書留でエアメールで受け取ってます。

なので、しっかりと読んであなたが
大切なお金を失わないようにして下さい。

スポンサーリンク

海外送金の基本

フランスの銀行から、日本の銀行に資金を移動するときは、
銀行を使う場合”中間銀行”という外国の銀行迂回します。

フランス→中間銀行→日本の銀行

というふうになるわけです。

+一部の銀行・サービスを使うことで、

中間銀行の手数料を減らすことも可能ですが、
今回は手数料を支払っているので割愛します。

送金に掛かる手数料は?

一般的に手続きに掛かる手数料は、

  1. フランスの銀行の送金手数料
  2. 中間銀行の中継手数料
  3. 日本の銀行の受け取り手数料

の3つがかかります。

1のフランスの銀行の送金手数料は、
フランス国内の郵便局の口座を使った場合、

送金総額の0.1%+窓口手数料15.5ユーロ(ネットなら9.9ユーロ)
を支払って送金することになります。

*手数料はいつ変更になるか分からないので、
必ず事前に一度チェックをしてから送金しましょう。

2の中間銀行の手数料は、不明です。

なぜなら、送る側は把握しておらず、送られた側の
銀行に問い合わせても情報を持ってないからです。

日本の電話相談窓口のオペレータに相談したところ、

「後から送られる、送金計算書を見て下さい」

と言われて、結局自分で計算するしかありませんでした。

3の日本の銀行の受け取り手数料は、
およそ1500円は掛かると思ってよいです。

一例として、銀行の海外送金手数料のページをご覧ください。

為替の上下に注意する

海外のお金の値段は、日々変化します。

送った日のレートより低くなったり、高くなったりして、
思ってた金額とちょっと違うなぁ?ってこともあり得ます。

そこに”隠れ手数料”なんてややこしい
目に見えないお金が掛かるので余計に
心配になったり混乱するんですよね。

僕も実際かなり頭を抱えました。

銀行によって確認の方法が違いますが、

振り込まれた日付を確認しておけば実際に
いくらで交換されたのか?を確認できます。

ここでは、

送るレート=受け取るレートではない。

ってことを頭にいれておきましょう。

送金にかかる日数は?

送金にはおよそ、7日程度は掛かると言われてますが、
僕の時は送金手続き後、2日だけで入金がありました。

土日祝日を挟んだりすると、銀行の営業がストップし
手続きに時間が掛かるかもしれないので要注意です。

決まった日付に着金したいのであれば、
あらかじめ電話窓口などで直接確認して
振込の手続きに入ることをオススメします。

隠れ手数料って?

フランスの郵便局の送金に関する情報は、

窓口で直接聞くかパンフレットやHPなどで
すぐに全て調べることができて安心できます。

日本の受け取り側の口座にしても、
日本語だし電話で直接話を聞けるので、
そういった部分の手数料は分かりますね。

でも、中間銀行の手数料は”隠れ手数料”と呼ばれ、
一般的にあまり多くの情報が出回らないのです。

その”隠れ手数料”をどうやって調べるのか?

次はそれを調べるための書類について説明します。

それは、送金計算書です。

送金計算書ってなにか?

送金計算書とは、

外国送金・本支店間外貨送金計算書のことです。

取引店や取引日時(資金が口座に振り込まれた日)、金額などの
送金した金額と受け取った金額の詳細が記されている書類です。

が、僕が利用したときは中継銀行の名前程度しか記載がなく、
手数料の欄は全て空白で、電話で問い合わせた内容だけでした。

なので、送った金額と送られてきた金額しか分かりません。

フランスから日本へ送金した時の手数料などは、

送った金額の日本円 - 受け取った金額の日本円

で何となく計算するしかありません。

なので、

自分で知っている被仕向送金手数料(海外からの送金を受け取る手数料)を、
計算式にいれて、間違ってないか確認する程度にしか使えない書類です。

それでもいつ、どこから、どうやって送られてきたか?

を知ることが出来るので安心だと言えます。

この書類は本来海外へ発送する場合、

何かしらの銀行のサービスに加入しておくことが前提らしいので、
日本を出国する前に余裕を持って準備をしておくことをオススメします。

まとめ

フランスから日本の銀行口座への送金には、

  • フランスの銀行の送金・事務手数料
  • 中間銀行の手数料(不明なことが多い)
  • 日本の銀行口座での受け取り手数料

が掛かります。

2017年現在は、

TransferWiseなんて送金マッチングサービスも
広がってきてるので手数料の面だけを考えるなら
検索して使ってみることもアリだと思います。

TransferWiseについてはこちら。

僕は家族に安全な方を選んで欲しいと念を押された
経緯があったので今回は最初から郵便局を選びました。

では、今回はここまでにしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

追伸:記事内の情報は、日々変化する可能性が高いです。
なので、必ずご自身で確認をしてから実践しましょう。

当ブログでは、一切の責任を追いかねます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク