フランス・リヨン在住の日本人ダンサー・起業家

たった一言で人生が変わる言葉のチカラを育てたい

フランスへ来て3年目のシーズン、リハーサルやオーディションまでの時間を割いて、語学の勉強に力を入れて努力してます。私がフランスで、フランス人やイタリア、スペイン、イギリス、ギリシャなどのダンサーと話をしていて思うのは、語学力のレベルをあげる必要があるってこと。

言葉にして説明できるって、20代を越えたダンサーやアーティストには必須になる能力だと感じてます。 なぜなら、人を動かす必要が出てくるからです。

  • ダンス作品のクリエーション
  • プロジェクト構想の提案
  • 事業や経験の説明

をいかに具体的に、わかりやすく伝えられるかで人をシンプルに動かすチカラ。 なにより、感謝の気持ちを言葉にできるって気持ちいいです!

18歳の学生ダンサーも、21歳の駆け出しのプロも、30歳の中堅ダンサーも必要。 日本語、英語、フランス語で説明するチカラをもっと伸ばして、2018年はあと2人仕事を一緒にできるパートナーを見つけたいと思います。