【New】SROコンサル生の声を掲載しました。

【人生】知ってる??プロダンサーに求められる素質。

プロダンサーの体型

プロダンサー=スタイルが良く無いとなれないと思ってませんか? これは、実は間違いです。 頭が小さくて、脚がすらっと長くて、括れがあって・・・ なんていうのは、ごく一部のダンススタイルにしか当てはまりません。 なぜこういった考え方が広まっているかというと、それは同じようなスタイルの人が踊ったダンスが流行りやすいからです。具体的に言うと、クラシックバレエが代表でしょう。 クラシックバレエは、そもそも骨格という、骨の形や生まれ持った体の素養で生徒を取りますから、それに当てはまらない人はクラシックの世界には居ないんです。 なので、同じ規格で選ばれた人しか舞台に上がることはなく、結果、そういった人たちしか居ない舞台のイメージが広がり、プロダンサー=スタイルが良い。というイメージになったのだと思います。

スタイルが良くなくても、美しいダンサーはいる!

自分の見せ方の基礎や技術がしっかりとしているダンサーなら、スタイル良し悪しは関係無い。 彼、彼女たちがなぜ美しいかというと、体の使い方が分かっているから。 体の使い方さえ分かっていれば、スタイルの良し悪しなんて関係ないんです。 ですから、これからダンスを始める方には、そういった理由で諦めないで欲しいです。せっかくダンスと出会ったのに、自分の事が嫌いになってしまっては勿体無い。 僕は背が小さい方なので、クラシックバレエの舞台にはどんなに頑張ってもネズミ役ぐらいしか貰えないでしょう。そもそも、出たことはありませんが。 それでもプロとして活動するのには、あまり関係がありません。 重要なのは、

自分をどう見せたいかをはっきりとイメージすること

自分が、こんな風になりたい、こんなダンサーになりたい!というイメージをなるべく具体的に持つことはとても重要です。 自ずとスタイルの良し悪しなんて関係のない、美しい表現が見えてきます。自分が今観せているのかどうかが、分かるようになるんです。そこからがプロダンサーへの第一歩になります。 プロダンサーを目指されている方には、そういったネガティブな理由で夢を諦めることがないように、自分の持っている良さ、美しさを丁寧に見てあげる時間が必要です。 僕がプロダンサーとして、活動できているのは、そういった自分の見せ方、美しさを研究し続けているからというのが大きいと自負してます。 そして、偉大な先輩たちのほとんどは、そうしてプロとして生きています。 しっかりとした、自分の体の使い方、そして見せ方を常に意識してあげることが プロダンサーになるための近道かもしれません。