【海外生活】現地の生活に早く慣れる為の秘訣はコレだ!

IMG_9675

海外で生活を始めると、様々な出来事や出会いに翻弄されます。 異国の文化、歴史がありますので、それは、避けようがありません。
慣れてしまえば笑い話ですが、それまでは本人は必死。笑えません。 というわけで、 僕が海外生活に慣れる為にやったノウハウを纏めます。  

海外生活で、気づくこと。

まず、日本を出た後最初に困るのは「性格」の違いです。 国ごとの歴史的背景や民族的な性格がもろに出ますので、非常に興味深いことですが、渡航して間も無くはそれどころではありません。 いち早く現地の人々の「おおまかな性格」を把握することが大切です。 日本人の様に、「言ったこと」「時間の約束」を守るのが当たり前だと思っていると、大きなショックを受けるでしょう。 ヨーロピアンは、嘘だろうが本当だろうが、自分に都合の良い事しかやりません。 んでもって、全く、全然、自分の非を認めません。 僕は、飲食店でアルバイトをした時、ミスを擦りつけられて滅茶苦茶凹みました・・・ 我慢をしたり、泣き寝入りをする事が無いように、自分の身は自分で守りましょう。  

言葉の「チカラ」は国によって変わる

「言葉」は、もちろん国によって異なりますね。 ヨーロッパ圏ではロマン語という共通のベースを持ってますので、書き言葉が似ていたり、発音が違うけれど同じ「言葉」を使っていたりするので、知っていればチョット得です。
「言葉」はまるで呪文の様に「気持ち」を支配し、滞在の充実度を左右します。
ちょっとした事がわかる、わからないで天国と地獄です。多少は勉強しましょう。 ちなみに、ヨーロピアンは日本人とそもそも考え方が全く違うので、「遠慮」とか「察する」なんて気持ちを期待したらダメです。 いるか?いらないか??はハッキリと、腹を括って答えましょう。 彼らは、全く悪気なく、そういう文化じゃないだけので、断ったりしても傷つきません。  

外国語を話す事は、難しくない。

海外に於ける日本人の性格の捉えられ方は、
  • 真面目
  • シャイ
  • カルム=沈黙
の3通りが目立ちます。 特に、英語圏、ヨーロッパ圏の方々に比べると非常に「言葉」に対して引っ込み思案な印象を与えがち。 これは、日本の「言葉」に対する教育とイメージ力の差が原因だと僕は考えています。 海外の方にとって、「言葉」とは生活を成り立たせるための「身体」的なツール。 あくまで肌感覚の意味合いと、「情報」として状況を「整理」するために「言葉」を用います。 そして、日本よりもはるかにディベート(テーマを決めて話し合う)の時間が幼い頃から非常に沢山とられているので、話すことに「間違い」が伴うこと(そもそも間違いの「意味」が日本とは異なる)にネガティブになりにくいです。 海外では、日本人は頭の中で「言葉」の意味を「整理」することに時間を掛けすぎて、終わった頃には話題も変わっている事が多くあります。 これは、日本の一般的な「英語」の授業の様な「空白」を何で埋めるか「考える」だけの教わり方をすると陥りやすい落とし穴です。 海外の方にとって、「言葉」は歌の様なもので、「意味」よりも「身体」に伝わるリズム感を重視します。ですので、細かな意味合いよりも先に「話す」「音を出す」ことが重要です。
何も言わなければ、「存在」が無いと判断されますよ!

「言葉の壁」は嘘っぱち!どんどん話そう!

巷では、海外に出て困る事が「言葉の壁」なんて言いますが、それは大きな間違いです! 本当の壁は、「言葉」を理解しようとするあまり、行動が出来なくなってしまう「情報」の「発信力」の無さ。 海外の人は、歴史的にも地理的にも自分の隣に外国人が暮らしている環境が当たり前の事が多いので、異文化の考え方、生き方に対して非常に寛容で、良い意味で適当さがあります。 通じなかろうが「情報」を「発信する力」が優れています。 日本人はとても勤勉で「言葉」を介さずに「身体」で察する事に対して非常に繊細ですから、「受信力」では海外の方を遥かに上回る能力を持っています。 迷ったら、何も考えず、とりあえず「Yes」か「No」だけでも使ってみる事が大事ですよ! 「言葉の壁」は非常に脆いものです、何か一つでも「発信」してしまえば崩れるものです。 そして、話せば話すほど「言葉」は「身体」に染み込んで、覚えられるものです。 文法や構造といった、「言葉」を理解することも大事ですが、現地の生活により早く馴染み、慣れるためには、やはり現地の「音」としての「言葉」を真似てコミュニケーションを取るのが手っ取り早いです。  

まとめ

日本に比べると、海外の方は話し好きな方が非常に多いので、話しかけると何かしら返してくれます。 観光地の休憩所や川べりのベンチなどで休憩している方は往々にして暇なので、少しだけ勇気を出して、話しかけてみてください。 きっと予想以上の収穫が待ってますよ!